簡単操作で草刈もモアー・アームの格納もトラクタに乗ったままらくらく作業。

トラクタ後部3点リンク装着
アーム式草刈機
ツインモアZMシリーズ

item

仕様表

型  式 ZM-3708 ZM-3709 ZM-45
適用トラクタ[kW] 20.6~36.7
(28ps~)
25.7~36.7
(35~50ps)
36.8~66.2 (50ps~)
質量(重量)(kg) 340 370 379
(アーム、モアー部、トラクタ本体組付部品を含んだ質量)
適用カテゴリ 1,2形
適用オートヒッチ 日農工Sヒッチ,Lヒッチ
最大リーチ(mm) 3,600(4,100)※1 3,700(4,200)※2 4,500
モアー 質量(kg) 54 75 90
モアー構造 2面刈り・平面刈り 平面刈り専用 平面刈り専用
刈刃形式 バーナイフ方式
刈幅(mm) 800(410×2) 900(460×2) 900(460×2)
刈高(mm) 30・55・80の3段階
モアー回転数(rpm) 2,700 2,300 2,360
1時間当りの草刈り面積(m2) 680~1,700
(1~2.5km/h)
760~2,700
(1~3.5km/h)
760~3,800
(1~5km/h)
  • ※1トラクタ型式により、最大リーチ4,100mmを選択可能。
  • ※2トラクタ型式により、最大リーチ4,200mmを選択可能。
  • 油圧取出部品は、標準装備です。

特 長

モアー部とアームは簡単格納で作業効率が向上

  1. モアー部とアームは、トラクタに乗ったままレバー操作だけでトラクタの車幅内にほぼ格納が可能で、草刈り作業時の障害物回避が容易に行え、作業効率が格段にアップし、安全なトラクタ走行が可能。

ZM3708格納時

ZM-3708 格納時(後方)

ロングアームで多様な草刈りシーンに対応

  1. 水平リーチはZM-37シリーズで最大3.7m(装着トラクタによってはストッパーの解除で4.2mも可能)。ZM-45では、4.5m。
  2. ガードレール越しの法面の草刈りをはじめ、幅の広い法面や用水路を挟んだ反対側の草刈りが可能。
  3. 下斜面、上斜面など様々な法面形状に対応可能。

ZM3709最大リーチ

ZM-3709 最大リーチ

草刈り作業位置は、4ポジション

  1. 右サイドポジション モアー部が運転席ほぼ横側に位置し、運転席から 作業状態や障害物の視認が容易で、高能率の作業が可能。
  2. 右後方ポジション 最大リーチでの作業が行えるため、幅の広い法面や水路越しの草刈り作業が可能。
  3. 後方ポジション  トラクタ後方にモアー部をセットでき、トラクタ後方の草刈り作業が可能。
  4. 左後方ポジション農道を左側走行しながら草刈り作業ができ、対向車とのすれ違いが安全で容易。

作業ポジション

4ポシジョンの作業位置

1本レバーで楽々操作

  1. 操作は1本レバーで簡単に行え、機械に不慣れな方でも自由自在。
  2. 1本レバーはフィンガータッチのため、長時間作業も快適。

ZH3708S1本レバー

コントローラ

新設計モアーで作業性能アップ

  • ZM-3708
    モアーの作業幅は800mmでセットピン解除により2面刈りも可能。  
    刈刃は上下2段の4枚刃で細かく草を裁断。
    ZM-3709、ZM-45
    モアーの作業幅は900mmで平面刈り専用。 刈刃は上下2段の4枚刃。
  • 高トルクのツイン油圧モータにより、草刈り性能が 格段にアップ。
    モアー前輪を両サイドと中央の3輪にすることにより、モアーの直進性・安定性・地面への追従性がさらに向上し、高能率作業を実現。

ZM3708モアー
ZM-3708 モアー

ZM3709_ZM45モアー
ZM3709,ZM45モアー

刈り刃
刈り刃

好評のフローティングリンクを採用

  • モアーとアームの間にフローティングリンクを採用。モアーが地面の凹凸に追従(フローティング)するため、面倒なモアーの角度、高さ調整操作が不要。誰にでも、刈り高さが安定した精度の高い快適な作業が可能。

フローティングリンク

フローティングリンク

専用電磁弁を採用

  • 独自開発の流量制御弁付電磁バルブの採用により、モアーの回転数を一定に保ち安定した草刈り作業が可能。

トラクタへの簡単着脱

  • トラクタ3点リンクへの装着は、日農工S、Lヒッチに対応したワンタッチ着脱で、離脱部は場所をとらないコンパクト設計。また、モアーを格納状態で離脱すると、キャスター付き専用スタンドにより保管場所へ手で押して移動が可能。

離脱伸長状態

離脱(伸長)状態

離脱格納状態

離脱(格納)状態

安全に関するご注意

  • ご使用の前に取扱説明書をよく読んで正しくお使いください。
  • 転倒・転落のおそれのある運転や作業はしないでください。
  • モアー部の前後左右には絶対立たないで下さい。
  • ヘルメット・保護メガネを必ず着用し、作業時の安全に心がけてください。
  • ツインモアーを装着した状態での公道走行は、道路運送車両法に違反しますので ご注意ください。
  • 機械は十分に点検整備するように心がけてください。
pagetop