ガードレール越し、用水路越しの法面や丈の長い雑草もトラクタに乗って楽々草刈り

アーム式草刈機
ハンマーナイフモアー
トラクタ用ハンマーナイフモアZH-341・ZH-451

item

仕様表

型  式 ZH-341 ZH-341DX ZH-451 ZH-451DX
刈  幅(mm) 900  1000
刈  高(mm) 45,25(2段階調節式) 45,25(2段階調節式)
質量(重量)(kg) 540 570 660 690
トラクタPTO回転数(rpm) 1000 540
ナイフドラム回転数(rpm) 2850 3000
最高使用圧力(MPa) 20.6 (200kgf/cm2) 20.6 (200kgf/cm2)
ハンマーナイフタイプ ハンマーナイフ/ハンマーブレード※1 ハンマーナイフ/ハンマーブレード※1
ハンマーナイフ刃数(枚)(m) 36/18 40/20
リーチ水平 3.4m(3.7m)※2 4.5m(3.8m)※2
リーチ下45度 2.2m(2.5m)※2 3.3m(2.7m)※2
全長×奥行×全高(mm) 1770×710×1900 1870×770×1940
装着カテゴリ JIS Ⅰ JIS Ⅱ
作動性 VG32相当(100ℓ) VG32相当(100ℓ)

推奨適用トラクタ質量
(kg)

1700~(2200~) 2800~(2300~)
1時間当たりの草刈り
面積(㎡)
800~4000 ※3 900~4500 ※3

※1 ハンマーブレードはオプションになります。
※2 シリンダ取付ピン組み換えにより水平リーチが変更できます。
※3 トラクタ速度1~5km/hの場合の作業効率です。但し、草刈条件により差異が出ます。

特 長

モアー刈取り部

  1. 刈刃の配列は新開発のらせん方式を採用
    ・草刈り抵抗が低減する為、草刈り作業効率がアップし作業時間が短縮。
    ・刈りムラが少なく、綺麗な刈り跡を実現。
    刈り刃の配列は2条らせん方式 (写真の刈り刃はオプションのハンマーブレード)
  2. モアーの正・逆回転切り替えを標準装備。
    ・草の丈、草の種類に合わせて正転・逆転の選択が可能。
  3. モアーとアームの間にショックレスれレバーを採用。
    ・モアー角度が地面の凹凸に追従。
  4. ワイドなモアー回動角。
    ・刈り取部のモアーを油圧で185°回転させることができ、様々な傾斜角度方面にモアーを沿わせることが可能。
  5. ハンマーブレードをオプションで採用。
    ・刈り跡が綺麗で、くず等のつる草の巻付けが激減。
    ・作業場所や対象物に合わせて刃が選択可能。
  6. モアーの軽量化と機能アップ。
    ・ZH-341シリーズではモアーを従来機より約6kg軽量化(ZH-451は11kg)し、アームを伸ばした時のトラクタバランスを改善。
    ・スクレーパにより、ローラーへの草刈や泥等の付着を軽減。

    ・モアーのベルトを外さなくてもグリスアップが行えるグリス配管を採用。

本体フレーム

  1. 高強度のフレームを採用。
    ・強靭な三角構造の高強度フレームの採用。
  2. 機体保護構造の採用。
    ・モアーやアームが大きな障害物に接触した際にトラクタ本機を保護するため、本体フレームが逃げる安全装置を標準装備。
  3. スッキリ配管。
    ・アーム内にホース配管とセレクタバルブを配置しスッキリとしたデザインを実現。
    ・立木やガードレールにホースが接触する危険性を低減。

優れた操作性

  1. スムーズなアーム操作。
    ・パイロット式電磁比例弁によりアーム動作の微調整が可能。
  2. 1本レバーで快適操作。
    ・モアーの回動とアームの伸縮は1本レバーでらくらく操作でき、機械に不慣れな方でも操作は簡単。
    ・レバー操作はフィンガータッチで長時間作業の疲労を軽減。
  3. ロングアームで多様な草刈りシーンに対応。
    ・ZH-341※1の水平リーチは最大3.7m※2。ガードレール越しの法面の草刈りをはじめ、幅の広い法面や用水路を挟んだ反対側の草刈り画可能。
    ・下斜面、上斜面など様々な法面形状に対応。また、モアーを立てての垂直刈りも可能。
    ※1 ZH-451は最大4.5m。装着トラクタの重量が2800kg以上必要(2300~2800kgの重量の場合:シリンダ取付ピンの一の変更で水平リーチ最大3.8m)
    ※2 装着トラクタの重量が2200kg以上必要(1700~2200kgの重量の場合:シリンダ取付ピンの一の変更で水平リーチ最大3.4m)
  4. 格納機能を充実
    ・1本レバー操作でモアーのアームをトラクタ車幅内にほぼ格納することができ、圃場間移動の安全走行が可能。
    ・トラクタからコンパクトに離脱できるので、小スペースでの保管が可能。
    ・前後どちらからでもフォークを差込むことが可能。
    ・第2シリンダのチェック弁により、格納時のアーム開きを防止。

安全に関するご注意

  • ご使用の前に取扱説明書をよく読んで正しくお使いください。
  • 転倒・転落のおそれのある運転や作業はしないでください。
  • モアー部の前後左右には絶対立たないで下さい。
  • ヘルメット・保護メガネを必ず着用し、作業時の安全に心がけてください。
  • ツインモアーを装着した状態での公道走行は、道路運送車両法に違反しますので ご注意ください。
  • 機械は十分に点検整備するように心がけてください。
pagetop