精度と品質で選ばれる三陽機器の油圧機器・油圧制御システム

油圧機器・油圧制御システム

HYDRAULIC EQUIPMENT

油圧機器・油圧制御システム

油圧機器ラインナップ

油圧機器制御ASV50

スタック式手動方向切換弁
型式:ASV50

  • 小型・軽量スタックタイプの手動切換弁。
  • 各セクションにロードチェック弁を標準装備。
  • パラレル回路を標準としています。
  • リリーフ弁・単複切換弁等のオプション部品を豊富に揃えています。
  • 手動弁は許容背圧が高く、タンク回路に高圧がかかっても使用できます。

油圧機器制御ASV50E

スタック式電磁方向切換弁
型式:ASV50E

  • 手動切換弁ASV50をベースに電磁化したバルブ。
  • 取付・配管方法が手動弁と同じでシステムの電磁化や手動弁との組合せがさらに容易。
  • 電磁弁操作用のコントロールボックス(ハーネス付き)をオプションで用意しています。

油圧機器制御HSV1000M

モノブロック式手動方向切換弁
型式:HSV1000M

  • 小型・軽量の低コストタイプの手動切換弁。
  • 豊富なオプションスプールを準備しています。

油圧機器制御HSV1000

モノブロック式電磁方向切換弁
型式:HSV1000

  • 手動弁HSV1000Mをベースに電磁化したバルブ。
  • 電磁三方切換弁としてもご使用になれます。
  • 手動弁同様、豊富なオプションスプールを準備しております。
  • 操作スイッチも豊富に取り揃えております。

油圧機器制御CSV1000M

セレクタバルブ(手動弁タイプ)
型式:CSV1000M

  • 小型・軽量2位置6ポートの手動切換弁。
  • トラクタ等の外部油圧取出が1系統しかない場合、セレクタバルブで簡単に2系統にできます。

★この商品はネットショップよりご購入頂けます。

油圧機器制御CSV1000

セレクタバルブ(電磁弁タイプ)
型式:CSV1000

  • 手動弁CSV1000Mをベースに電磁化したバルブ。
  • 遠隔操作が可能な為、シリンダの近くにバルブが配置できます。
  • 操作スイッチも豊富に取り揃えております。

★この商品はネットショップよりご購入頂けます。 ●DC12Vタイプ ●DC24Vタイプ

csv4000

セレクタバルブ(手動弁タイプ)
型式:CSV4100(1連タイプ)
型式:CSV4200(2連タイプ)

  • CSV1000の大流量対応タイプです。

drv50

リリーフバルブ
型式:BRV15
   (バランスピストンタイプ)
型式:DRV28(直動タイプ)

  • カートリッジタイプのリリーフ弁。
  • DRVは直動型で、アクチュエーターのサージ圧吸収に使用しポートリリーフに適しています。
  • BRVはバランスピストン形で、油圧回路の圧力設定に使用しメインリリーフに適しています。
  • リリーフハウジングも標準にて準備しています。

油圧機器制御PCV2000

パイロットチェックバルブ
型式:PCV2000(ダブルタイプ)
型式:PCV2100(シングルタイプ)

  • パイロット圧力によってチェック弁を押し開き、反対方向の圧油を流すバルブ。
  • シングルパイロットタイプとダブルパイロットタイプがあります。
  • このバルブによって切換弁の内部漏れがあっても油圧シリンダの自重による下降防止および保持装置として使用します。

abv3000

ストップバルブ
型式:ABV3000

  • 流路の開閉と流量制御に使用します。
  • 全閉時のキープ性能にすぐれ、圧力がかかっても軽く切換えられます。

anv3001

ニードルバルブ
型式:ANV3001

  • 流路の開閉と流量制御に使用します。

油圧機器制御TBV3000

三方切換弁
型式:TBV3000

  • レバー操作によってワンタッチで2方向の切換ができるバルブです。

油圧機器制御LCD

油圧シリンダ
型式:ACSシリーズ(単動シリンダ)
      :LCDシリーズ(複動シリンダ)
      :3点リンク用シリンダ

  • 三陽独自の構造でシリーズ化を図り、標準在庫しております。
  • お客様の使用にあわせた注文生産も致しております。

 

油圧制御システムラインナップ

Electronic Control Unit

電子制御ユニット

  • 各種電磁バルブを制御するための電子制御装置です。
  • 電磁比例弁を制御し、機械の水平・位置・速度などをコントロールします。

Control Switch

制御スイッチ

  • 電磁切換弁を遠隔操作するもので、1本のレバーで2系統の制御ができます。
  • スイッチを追加することにより、4系統までの制御が可能になります。
pagetop