仕様表

製品 形式 GF170TR GF117TR
外形寸法 全長x全幅x全高 1,600 x 1,150 x 1,800 mm 1,300 x 1,200 x 1,200 mm
本体質量 (重量) 480 kg 225 kg
破砕装置 駆動方法 トラクタPTO(750rpm:MAX) トラクタPTO(750rpm:MAX)
破砕刃 チッパー刃(2枚)・シュレッダ刃(12枚)※1 チッパー刃(2枚)
最大処理径 172 mm 117 mm
ホッパ口径 650 x 550 mm 460 x 400 mm
送りローラー口径 172 x 195 mm 117 x 117 mm
送り速度 0〜25 m/min : 可変式 11 m/min
排出装置 方式 空気搬送式 空気搬送式
シュータ出口高さ 1,800 mm 1,050 mm
シュータ回転範囲 360 ° : 全方向回転可 回転不可
排出角度 可変式 可変式
トラクタ仕様 適応トラクタ馬力 18.4〜44.1 kW (25〜60 ps) 9.6〜25.0 kW (13〜34 ps)
トラクタP.T.O.回転数 750 rpm(MAX) 750 rpm(MAX)
装着適応カテゴリー JIS( I、II型 ) JIS( I型 )
装着方式 標準3P直装 標準3P直装
その他 ワンウエイクラッチ付ドライブシャフト採用 標準ドライブシャフト採用

※1 ( シュレッダ刃、はオプションです )

GF170TR装着

トラクタ3点リンクへ直接装着(GF117TR)

GF117TR作業風景

トラクタ装着時作業風景(GF170TR)

特長(GF170TR)

作業性・操作性

  1. 伐木等の破砕物を1次破砕用のチッパー刃で切断。オプションの2次破砕用シュレッダ刃を装着すれば、大きさが一定かつより細かい砕破が可能です。
  2. 破砕物の処理能力は最大処理径172mm
  3. 処理後の容積は処理前の7分の1に減容化できる
  4. 送り速度調整ダイヤルで毎分0〜25mまでの微調整速度が設定でき、破砕チップの大きさが粉末の状態から最大10mm程度のサイズまで選べる
  5. 破砕物の送り装置は操作が容易な油圧駆動方式を採用し、エンジンに過負荷がかかると送りローラーは自動停止し、エンジンの回転数が回復すると自動再開する自動制御機構を搭載
  6. 破砕物の送り装置はワンタッチのフィードレバーで正逆回転・停止の操作 が容易
  7. 農用トラクタのPTOを動力源としているので取扱いが簡単
  8. 投入口(ホッパー)が大きく枝木の投入が楽々
  9. 排出口(シュータ)は360度回転でき、排出角度も調節が可能で、破砕したチップ片を好みの場所に排出でき、直接トラック等への積込みもできる

GF170TR特長1

最大172mmまでの処理が可能な投入口写真は、その送り刃

品質

  1. 自社開発の高性能な油圧技術と電子制御技術の組合せにより、高品質・高性能・低コスト化を実現
  2. 専用設計されたチッパー刃とシュレッダ刃は共に耐久性が高く、チッパー刃の材質は特殊鋼で研磨可能な二面刃になっており、シュレッダ刃は耐摩耗鋼で四面の反転替刃を使用
  3. 本体は焼き付け静電塗装で錆が発生し難く耐久性に優れている
  4. スイッチ類は無接点タイプで防水性に優れているため、故障が少ない

GF170TR特長2

専用設計されたチッパー刃とチッパー受刃

メンテナンス

  1. 投入口(ホッパー)が片側に大きく開閉できるので、チッパー受刃の交換及び日常点検が容易
  2. ローターカバーが開閉できるので、チッパー刃・シュレッダ刃の交換及びメンテナンスが容易
  3. 故障が少なく維持費が安い
  4. 各地区に営業所があり、メンテナンスを安心して依頼できる
  5. 回転部にグリスニップルがついており、グリスを注入し易い設計
  6. 自社開発の油圧機器類を使用しているので、安心メンテナンスができる

GF170TR特長3

自社開発の専用バルブ

安全性

  1. 作業中の緊急停止スイッチは、作業者が瞬時に押す事のできる場所へ設置してあり、万一の時も安心して作業ができる安全設計
  2. 破砕物を送り装置に噛ませば、手で支えなくても自動送りとなり、押し込む手間がかからず、安全作業ができる
  3. 投入口(ホッパー)からの破砕物の跳ね返りを無くした安全設計

GF170TR特長4

自社開発の専用バルブ

その他

  1. 心臓部のローターは重量バランス設計で耐久性に優れ、高い慣性力を持ち耐久性に優れた剛構造体
  2. 均一な細かさのチップサイズにより、堆肥化が促進される
  3. 破砕したチップ片をシュータで飛ばすため、積み込み等の労力が減る
  4. 間伐材の他、剪定枝・竹・芋つる・タバコの残幹等の破砕が可能
  5. 減容化により産業廃棄物処理業者への引き渡し費用が軽減できる
  6. 雑草の処理も小枝などと共に投入することで可能
  7. 剪定枝を粉砕し減容化ができるので、処理場までの輸送コストが低減できる

 

pagetop